勤怠状況を把握するには月単位のシステム化が必要です!

デスクワーク、営業職、物流部門であっても勤怠状況をしっかりと管理するには月単位のシステム化が必要です。

もっともアナログな手法は従来通りの紙ベースでの勤怠管理のシステムになります。用紙に記入型と打ち込み型タイムカードに大別されます。システム化でごく一般的になってきているのはエクセルをメインに使った集計後書面提出型の勤怠管理のシステムになります。月単位の締め切り作業を行い、勤怠の実績を毎日タイムカード用のデータに入力をして月末までの累計データを計算後人事に承認をしてもらう形式になります。

同様に一般的になってきているのはインターネット上に勤怠申請のひな型を用意し各人が毎日勤怠データを入力して月単位に締め切り作業を行う勤怠管理のシステムです。システム上の入力時リアルタイムで勤怠実績を把握するので人事部門での勤怠状況の把握はとても楽になります。勤怠管理システムの中では一元管理が最も行いやすい形式になります。どの方法を使っても申請漏れや手順ミスといったヒューマンエラーの可能性は残るので、いかにヒューマンエラーを起こさないかが最大の課題となります。現時点ではもうひと手間かけても人の手と目によるダブルチェックが最も制度をあげる事になります。どのシステムを定着させるかは企業の規模と、実際の申請作業に使う機器の従業員全体の習熟度に左右されます。